映像講座 E‐XPERT

訪問者Total 1157昨日 0今日 1

  予備校正統派講師郡が君をバックアップ!! 
  高校定期テスト対策から難関大学受験レベルまですべての内容を網羅

映像講義

画像の説明

【充実の975講義】
定期テスト対策から難関大学入試対策までに焦点をあて、首都圏予備校講師による講義を「5教科17科目全975講義」の大構成にて収録。主要3教科「英語・数学・国語」は、生徒一人ひとりの目的と学習習熟度に合わせたレベル別構成。理科・歴史公民は、教科書全範囲を網羅しております。また、講義後には「チェックテスト」を用意しています。講義を受講するだけでは、学力は上がりません。「チェックテスト」でアウトプットすることにより理解力を定着させ、揺るぎない学力となります。

学習ナビゲーション

【計画表・専用ノート】
E-XPERTでは、受講生の利便性を考え、学習ナビゲーションを用意しました。定期テスト・大学入試に向けた、日々の「学習計画表」「学習記録シート」は塾の先生との面談の際に資料として、受験直前期に今までの学習してきた内容を振返る際にも使用できます。E-XPERT専用ノートは、講義の板書の要点をまとめるだけではなく、講義の疑問点などを記載する欄を設け、解答・解説と照らし合わせながら、自ら問題を解く力を養成していきます。

  ●各教科について
  ●学習フォローアップツール
  ●【E-PERT】講師プロフィール

 映像講座「E-XPERT」の強み

単元別&レベル別構成で定期テストから大学受験まで網羅!!

画像の説明

高校生の学習おいて、自分の学習習熟度と受講する講座レベルが合っているのかが重要なポイントです。E―XPERTには、英語・数学・国語はレベル別コースを設けているので、現在の学習習熟度、志望校に合わせて自分の不得意単元をピンポイントに学習することが可能です。理科・歴史公民は大学受験の合否を左右する科目であり、短期間に得点源にできる科目です。講義は教科書の内容から入試の基礎レベルまで丁寧な講義で構成されています。


予備校の一流講師陣と講義環境が君の理解力を高める!!

画像の説明

E―XPERTの講義は、首都圏大手予備校で活躍している一流講師が丁寧でわかりやすく講義を進めていきます。また、講義は高校の授業と同様に黒板とチョークを使って講義をしていくため、重要ポイント等が明確に板書されます。E―XPERTは、講義、講師、板書までの細部までこだわり、受講生に深く理解することを考え、講義が構成されています。


高校生の学習こそ能動的学習はゆずれない!!

画像の説明

E―XPEFTの教材は、実際に講義を担当する講師陣が執筆している教材で、重要ポイントが洗練された内容になっています。また、解答解説も充実しており、英語や古文には、日本語・口語訳も掲載されているので、自習用教材としても利用できます。また、理科・歴史公民は特に重要な図解イラストも記載されています。受講生の理解力を高め、高校の定期
テスト対策や大学人言式の出題にも対応できます。


 塾の先生の声を集めて作った新しい映像講座です

 
 多くの大手予備校が映像講義を導入しており、まさしく映像講義ありきの様相を呈しております。しかしそのほとんどが映像講義を受身的に観ているだけで終わってしまい、全てが「生徒任せ」になりがちです。では何故これほど短期間に映像講義が主流になったのでしょうか。もうお分かりだと思いますが、地域に関係なく、一流講師の講義を目の前で独占できるからです。予備校はどうしても首都圏の本校に良い講師が集まりがちです。映像講義はその「地域格差による学力格差」を打ち消してしまいました。
 また、講義スピードを遠くすることで「講義内容を聞き逃すまい」と無意識に集中して通常講義よりも記憶に残りやすいと言われています。
 しかし、映像講義は致命的な欠点があります。それは、質問ができないという点と、決まったカリキュラムでしか進めないという点です。計画も予習復習も原則、全て自己管理になります。

 多くの塾の先生方の声を集めて作られたE-XPERTは、受験生から圧倒的な支持を受けて
いる精鋭プロ講師が予備校の垣根を越えて集結し収録いたしました。
 そして、これらの講義の中から自分の学力やペースに合わせてアレンジできます。
 もちろん、解るまで何度でも講義を受けることもできますし、理解している部分を飛ばすこともできます。歴史であれば通史をまとめて1ケ月で終わらせることも可能です。
 また、学習管理は学習ナビゲーションがバックアップいたします。
 オプションのEメール個別指導は無制限でE-XPERT以外の問題にもお答えします。

    まさに予備校の良さと個別指導の良さを同時に受講できる次世代型映像講座で
     「行ける大学」ではなく「行きたい大学」に現役合格へと導きます。

     

ページトップへ