講師プロフィール

画像の説明

【英語】白石 富男先生

画像の説明
大学院時代より予備校の教壇に立ち、現在も予備校だけでなく全回の高校での出張講義も行う。得点差のつく難問を丁寧に解説することに定評がある。本映像講義の導入部の解説も必見!!

【英語】森本 貴一先生

3年間の留学経験を持ち、予備校講師歴は20年。英検面接委員も歴任する。入試正解答の執筆や模試問題の編纂作成、解説なども担当。英語が苦手な生徒にもわかりやすい解説が好評。

【英語】ノムラ イチロー先生 

生徒の理解度に合わせた授業には定評がある。大学院時代には初期近代英語を研究した学究派である一万、大学では体育会バスケットボール部の選手という文武両道の若手講師。

画像の説明

【現代文】松岡 拓美先生

画像の説明
「正解に至るのは偶然ではなく、必然である」をモットーにライブ感溢れる講義を繰り広げる熱い講師。全国の予備校で支持を勝ち得てきた文字通りのスター講師。

【現代文】永井 正先生

論理の道筋をたどる手法で難解な受験現代文の解法を教授する。小論文指導にも長けている経験豊富な実力講師。

【古文】正木 四朗先生

長年、予備校講師だけではなく、都内進学校でも指導にあたる。その丁寧且つ知識に裏打ちされた講義は、古文を初めて学ぶ、あるいはあまり得意ではないという生徒からの支持が高い。

【古文】武智 五郎先生

大手予備校では講座の増設も当たり前。オーソドックスな手法を用いながら、いつの間にか驚異的な実力をつけさせるウザは、まさに必見の実力派講師。


画像の説明

【数学】福原 健治先生

筑波大学大学院を卒業後、大手予備校で20年以上のキャリアを持つ。教材制作、模試問題の編纂も手がけ、また、高校への出張講義も行う経験豊富なベテラン講師。

【数学】梅木 等先生   

大学在学中に、学生の身として異例で講師に採用。また、大手予備校に最年少デビュー。活躍の場は、高校への出張講習や参考書の執筆まで至る。東大・国立医学部・東工大等の最上位クラスまでを歴任。

【数学】結城 コウスケ先生

学生時代より数学講師として活躍。予備校で教壇に立つだけではなく、教材執筆や映像講座の出演、高校での出張授業等、マルチに活躍している。発想法に重点を置いた授業は、定評がある。

画像の説明

【物理】一ノ瀬 海先生

若手ながら出講する予備校で物理をはじめ、数学、化学等、幅広い分野で活躍している。派手なパフォーマンスではなく、堅実で明快な授業が特徴的であり、受験生にとっても実力がつくと定評がある。

【化学】山本 祐太先生

指導スタイルは受講生の理解度を把握し、丁寧な解説で講義を進めていく。授業後には、宿題を多く課すなど、厳しい中に愛情がある指導は受験生から絶大な支持を受けている。また、参考書を2冊執筆している。

【生物】館 智紀先生

奇をてらうことなくひたすら丁寧な授業は、多くの受験生の心をとらえている。また、普段から問題研究に熱心であり予備校からはテキスト執筆や模試の作成の依頼が殺到するなど、授業以外の実力・評価も高い。

画像の説明

【日本史】岡 達馬先生

入試のポイントを押さえつつ流れるように進むその授業は、多くの受験生から高い支持を得る。その独特の語り口調は芸術の領域で日本史が大好きになる生徒が続出。大手予備校の模試、テキスト作成にも従事。

【世界史】中西 直樹先生

出講する全ての予備校で多大な人気を博している。模試の作成や映像講座にも従事しており、幅広い分野で活躍している。その甘いベビーフェイスから予備校界の若き貴公子との呼び声も高い。

【政治経済】佐藤 二郎先生

出講する予備校で、多くの講座を持つ人気講師。予備校だけでなく、高校の課外授業や映像講義、模試の作成など、マルチに活躍をしている。関西人ならではの軽妙でコミカルな話術で、生徒を講義に魅了する。

【倫理】鈴木 隆一先生

講師曰く、「倫理は、実は教えるのが非常に難しい。扱っている分野が非常に多岐にわたり、幅広い知識が要求される。」長年のキャリアで培った幅広い知識で、多くの受験生を高得点に導いてきた。


 ~学習塾様チューターの声〜

映像講座は、生徒が理解できないところは講義を何回でも見てもらい、逆に理解が出来ているところは、どんどん進んでもらっています。自分のペースで着実に学習できるということで、生徒からも好評です。学習ナビゲーション専用ノートは、生徒の成長が最も見える場所だと考えています。毎月、生徒が書いたノートを振り返ることで、生徒自身が学習の成長を実感します。私の塾では、多くの生徒が自分の成長を実感して、楽しんで学習するようになっています。「Eメール個別指導」は、生徒の質問を時間と場所を選ばないでメール対応に任せられるので安心しています。問題集の解答解説で、解説が省かれている問題などは、メール質問と同時に生徒自身にも考えさせることで、メール質問の返信と生徒の解答を照らし合わせることにより学習効果が上がります。

ページトップへ